アラフォーの季節の変わり目、対処法!

皆さぁ~~ん!!お元気ですか!!

Dakuは今日も相変わらずとーっても元気ですっ!

そしてDakuは夏がとっても大好きで夏生まれの夏男!(笑)

太陽の力を味方に夏を楽しんでいます!!

でもでもでも…もう立秋が近くて秋の予感です。

これから徐々に涼しくなってきますね。

その前に!!ぜひこの夏にやっておきたいことがあります。

身体のバランスのコントロールです!

これから涼しくなり秋をむかえるにあたり、体調を整えておくことはとても大切です。

今回は夏の身体を秋をむかえる身体にシフトチェンジする方法について考えてみます。

1、夏は水分バランスのコントロールが大切

夏バテはしていませんか?Dakuは夏バテ知らずで心地よい毎日を送っています。

夏で一番大切なことは水分バランスの調節です。

口から摂取する水分と身体から汗などで出ていく水分のバランスです。

汗は火照った身体を冷やしてくれます。

もし汗が出るほどの水分がなければ身体は高温になり夏バテになります。

では逆はどうでしょうか?

夏バテにならないようにと考えて水分をたくさん摂取してしまうと、今度は水分過多となり身体を冷やしてしまい、お腹をくだしてしまったりしてしまいます。

そこで最も大事なのは、適性の水分を摂取し適度な汗をかくという身体の水分のバランスを保つということになってくるのです。

2、エアコン派?それとも扇風機派?

これも意見が大きくわかれるところですが、Dakuは迷わず扇風機派です!

家では2台の扇風機が昼夜とわず活躍してくれています。

周りの人からはよく「扇風機で暑くはないですか?」という質問を受けますが、「エアコンはダメで…(笑)」と、かよわい感じで返しちゃったりしています。

Dakuが思うに、エアコンは確かに身体を冷やす効果があるのですが、夏の身体を冷やし過ぎてしうまうのではないかと考えます。

夏は暑いため水分をいつもより多めに摂取しますし、氷など極度に冷たいものも摂取します。

ここでエアコンを使用して身体を冷やしてしまうと、その多めにとった水分はどうなってしまうのでしょうか?

身体の表面は冷えていますので汗からは出ませんよね。

エアコンを使用した部屋にずっといることができればよいのでしょうが、外に出たり部屋に入ったりを繰り返したりすると身体はついていけなくなります。

それが夏バテの1つの原因でもあります。

3、夏に汗をかくこと

冒頭にも書きましたとおり、夏に汗をしっかりかいておくと立秋以降の涼しくなってくる時期にも身体は対応できるようになります。

涼しくなってきたときに身体の中に余分な水分があるということを想像してみて下さい。

水太りになったり、むくんだり、鼻水がとならなかったりなど、汗で水分を外に出せない状況になると身体に色んな弊害が出てきます。

私が通院している漢方の先生はそれを水毒といっています。

水毒に良い漢方薬もありますが、できれば生活の中の養生によって身体のバランスを整えたいものです。

付録、汗をかくことのメリット

  • 身体の老廃物を汗で身体の外に出すことができる。汗をかいている人はいつも汗をかいているので実は汗もサラサラです!
  • 身体の水分代謝があがる!皮膚からの水分代謝の経路が活発になることによって身体も活性化されます!
  • 身体をクールダウンできる!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。