簡単!太陽の光をつかった健康法

皆さん!お元気ですかー!!

今日は夏至ですねっ!

そんなDakuは今日も元気です!!!

いやーっ、夜になってもとーっても明るい!!

仕事が終わってもまだ明るい!これから何をしようか楽しみですよね。

だからDakuは1年の中で夏至が一番大好きです。

せっかくなので今日は明るい力を利用した手軽な太陽光の健康法について書いてみます。

1、太陽光は人類には必須!

太陽と地球は微妙な距離を保つことによって成り立っていますよね?

水、金、地、火、木、土、天…という順序で惑星は並んでいたかと思います。地球の隣で太陽に近い金星や遠い火星とでは環境が全く違って生物の存在なども把握できない状態であると理科で習いました。

そう考えてみると地球ってすごいですよね??

こんなに緑も茂っていて空気もあって、生物もたくさん暮らしている星は本当にすごい!

これって太陽のおかげではないでしょうか!

だから日照時間のもっとも長い夏至は一番の太陽の力を得られるとても良い機会です。

2、太陽光の力はエネルギーになる

太陽の力はエネルギーになりますよね?

良い例は太陽光発電です。太陽の光の力を電気というエネルギーに変えることができます。つまり太陽光は何らかのエネルギーに変えることができるということです。

太陽光を生きる力に変えるプロフェッショナルは植物です。理科の実験で習ったかと思いますが、植物は光合成をします。光合成をすることによって植物は成長していきます。

ではその太陽光が人間に良い影響を与えると考えたらどうでしょうか?

これも理科で習ったかと思いますが、人間も日光を浴びることによってビタミンDを体内で生成することができます。ビタミンDはカルシウムに関係して丈夫な骨や歯を作り出すことができます。

つまり太陽光は人間にも良い影響をもたらします。

3、太陽光の熱と光には力がある!

太陽光の健康法は太陽の熱と光の力を利用します。

10代、20代の頃のようにムダな元気がないなと感じるアラフォーの方も多いと思います。そんなときに周りから力を分けてもらえたら良いと思いませんか?

そこで1日の半分は出てきてくれているお日様の力を借りるのです!

そしてオススメは ひなたぼっこ です!

ひなたぼっこが嫌いな方はいらっしゃいますか?きっと大半の方が大好きだと思います。

休日の天気がいい日中に、窓際や縁側でゴロゴロするのって気持ちよくないですか?

平日の仕事の疲れやストレスも癒されますよね。

私は個人的には身体への直接の効果もあるといいたいです。

太陽光で身体が温められることによって、内臓の動きが活発になります。

特に消化器系です。食べたものが胃で消化され、小腸で吸収されてしっかりと大腸で排泄される動きが活発になると感じています。

平日でも短時間で良いです。

私は施設内での仕事のため、昼休みの食後には10分ほどでも外に出るようにしています。

外に出ることは、気持ち的なリフレッシュとお腹にも優しい効果があります。

ぜひ皆さんも昼休みにひなたぼっこをしてみませんか!

そんなDakuは今日も元気です!