実例!上手くいかない場合の転職エージェントさんの対応方法

転職活動でエージェントさんの対応に困っている方も多いと思います。

私は転職活動中で今回の転職活動では、転職エージェントの方にお世話になっています。お世話になっている方は数名いてとても熱心にサポートして下さる方もいれば、私の意にそぐわないことをされる方もいらっしゃいます。今回は実際にあった、上手くコミュニケーションがとれない転職エージェントの方の対応についてまとめたいと思います。

実例1、電話でもなかなか対応してくれないケース

最初にエントリーしたエージェントさん(以下A)ですが、電話で話したのは最初の1回限りでした。後はメールでの連絡のみで、たまに仕事中の忙しい時に着信を残していって留守電はない状態が続きました。

インターネットの検索によると、直接に顔を合わせての面談に力を入れている会社とのことでしたが、そのAさんには面談を断られました。担当者の方によっても会社の方針と違うケースがあるようです。

実例2、こちらの希望を考慮してくれない!?

こちらの条件は、『ワークライフバランスの改善』でしたので、年収よりも休日が多い方がよいということをあらかじめ伝えておいたのですが、なぜか紹介してくれる仕事は休日数が少なく年収が高めの仕事ばかりでした。

困ったことがあって、勝手に求人先に面接を依頼したから受けてきてくれといったこともありました。どの様な求人先かも聞いていないのに面接を受けることはできませんよね…。

インターネットの検索によると、エージェントさんの評価は転職先の年収額に大きく関係するということでしたので、おそらく年収が高めの仕事を優先して紹介してくれたかもしれません。

実例3、疑わしい!?対応をされることも

私が休日が多い仕事を希望していることをあらためて伝えて、実際の企業名(以下Z会社)を伝えて紹介を依頼すると、大きく求人の情報が出ているのにもかかわらず、Aさんの回答は「今は募集はしていない」とのことでした。

さすがにおかしいなと思った私は、他の転職サイトに登録して新しいエージェントさん(以下B)にもサポートをお願いすることにしました。インターネットの検索によると複数のエージェントさんにサポートをお願いすることも、トラブルをさければ問題ないようでした。

そしてBさんの話によると、そのZ会社は募集は継続しているとのことでしたので、Bさんから応募することになりました。AさんとBさんの話には違いがあって、実際にZ会社に応募できたBさんの話のほうが正しいということでしょうか。そしてAさんはなぜ正しい情報を提供してくれなかったのでしょうか。

実例4、忘れたころに連絡があることも

Bさんは親身な方で私の話に耳を傾けてくれました。Z会社の面接の話も順調に進み、その間にもこまめに連絡をくれました。その一方でAさんの方は全くの連絡なかったのですが、1ヶ月以上も経ってから、Z会社の情報をメールで連絡されました。

しかもその内容も、いまだにZ会社は求人募集はストップしているといった内容でした。この時はすでに、Bさんの方で求人に対して応募している状態であったため、募集はストップしていないという事実を私は把握していたので、やはりおかしいという確信にいたりました。

実例5、勝手に連絡が途絶えることもある!?

さらにAさんのメールの内容では、私が他社からZ会社に応募しているようなことを詮索する文もありました。Aさんは自分では募集していないといっている求人に、私が他社から応募していることを確認したそうでした。

そもそもAさんのメールの内容もつじつまが合わないのです。私にとってはAさんが都合のいいように偽りの情報を私に与えているとして思えませんでした。そこで私はもう一方のBさんに確認をとったところ、『転職エージェントの業界では担当者によって対応が全く異なるため、自分がおかしいと思ったらキッパリと事実を伝えてサポートを断った方がよい』とのアドバイスをしてくれました。

そして私はAさんにメールで伝えました。

『Aさんとは異なった情報を他社から提供されたため応募しました。再三お伝えしていますが、Aさんから提供して頂いた求人は私の条件とは異なりますので、今後のサポートを含め退会させて頂きたく存じ上げます。』

実際は上記の文よりさらに丁寧にしました。これに対するAさんの対応は、驚いたことに何もありませんでした。てっきり最後くらい連絡を頂けると思っていましたが、Aさんからの連絡が急に途絶えることになりました。

今ではAさんの会社というよりも、Aさん自体が問題あったのではないかと思えます。社会では色んな方が働かれています。どの様にコミュニケーションをとるかも、自分で判断していき、時には周囲からの助言を聞くことが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。