ダラダラを解消する3つの方法

皆さん!フットワークが軽くなればいいと思いませんか!フットワークが軽くなればダラダラと時間を過ごしてしまうことも少なくなります!!

何でも軽い気持ちで取り組むことができれば、新しい人間関係が生まれたりコミュニケーションにつながります。今回はそのフットワークを軽くする方法について書きます。

最近のことですが、『腰が重い』という言葉に敏感です。腰が重いという意味は調べて頂ければわかりますが、なかなか行動を起こさないという意味です。特に新しいことにチャレンジするときなど、腰が重いと感じてしまいます。

冬や春という季節の変わり目が原因か、もしくは40代近くになってきて20代の頃とは活動量が下がっていることが原因かわかりませんが、腰が重く感じることが多いです。

『腰が軽い』というフットワークを良くするために必要な力は次の3つです。この3つを意識することによってフットワークは少しずつ良くなってきます。

  1. 問題を解決する力
  2. 良い結果をイメージする力
  3. チャレンジする時間を増やす力

1、問題を解決する力

今回のこの記事を書いたきっかけは次の事例があったためです。それはTwitterの新規アカウントの登録についてです。

私は今までにTwitterをやったことがありません。やったことがないことを行うということには、かなりの労力が必要です。ユーザー名と名前の違いや電話番号の登録といったアカウント作成に必要な用語や個人情報についてしらべなければいけません。

だいたいは一人で調べるか友人に聞いたりしますが、今回は友人に知られたくないため一人で調べることにしました。インターネットで調べた結果は、電話番号登録について古い記事があったため新しい情報を探すまでかなり労力がかかってしまいました。

ユーザー名が解決しても電話番号登録について解決しないといけないという次から次へと問題を解決していく力が必要です。その為には、あらかじめその問題を解決したインターネットの記事などを調べるのが近道です。調べる近道を探すことがフットワークを軽くすることにつながります。

2、良い結果をイメージする力

例えば部屋を掃除したり整理整頓をすることは一般的に良いことにつながりますが、わかってはいてもなかなか手につかないことが多いです。そんな時は、その部屋の快適性を考えて掃除をした後の良い結果をたくさんイメージすることです。きれいになること以外にも、整理整頓した後の配置が物を取り出しやすかったりしまいやすかったりするなど利点は多いはずです。そのメリットがフットワークを軽くする動機につながります。

3、チャレンジする時間を増やす力

何かを新しくやろうと思っている時に、それに取り組む時間がなければ何もできません。そのためには余力を持つことが大切です。

私は大人の魅力の一つに余裕があればよいと思います。余裕があれば感情的にも落ち着いて行動できるし、時間的にもやりたいことができるようになります。

フットワークを軽くすることによって、大人の貴重な時間をダラダラと過ごしてしまうことが減ればと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。