最高のパフォーマンスを発揮するには?

やはり日々の継続が大切ではないでしょうか。3日坊主で終わってしまうことも多々あるかと思いますが、それを乗り越えて維持できれば良いです。継続するための工夫としては、楽しく心地よい環境を維持して長い期間で目標を立てることです。短期で結果を残そうとするとダイエットや投資でもそれなりのリスクがあるのではないでしょうか。少しずつ結果を出していければ良いと思います。

最近で考えていることは続けていくことの大切さです。『継続は力なり』という言葉がありますが、その通りだと思います。

昨年に引退を発表した安室奈美恵さんも私が子供の頃からテレビに出演して歌と踊りを続けています。もちろん長い人生で多数の局面があったと思いますが、歌と踊りは一貫して続けてこられています。

私は歌や踊りの専門家ではないのでそれについて評論することはできませんが、良い意味で円熟している様な年の取り方をされていると感じます。そして特にすごいことは、ライブパフォーマンスではないでしょうか。あのご年齢で何時間もあるライブステージを歌いながら踊るというタフな体力は同年代ながら感心してしまいます。

ブレないで継続されて力を発揮されている方は他にもいらっしゃいます。少し上の世代でいえば、B’zのボーカルの稲葉浩志さんやプロ野球のイチロー選手は研ぎ澄まされた力と技を持ちあわせているのではないでしょうか。

どうしたらこの方々のように1つのことに打ち込めるのでしょうか。やはり楽しくやるのが1番だと私は思います。ここで取り上げた方は全て身体を使うことで自分を表現しています。身体を上手く使うためには、まず自分が心地よいと思える状態が大切です。

例えば普段は身体を動かさない人で、動こうとするとおっくうであったり痛みを感じたりするとすれば、徐々に動かすようにすれば良いのではないでしょうか。そういう場合はストレッチが最適です。ストレッチは身体に軽い負荷をかけながら可動域を広げてくれる良い運動です。慣れてくれば【ヨガ】を取り入れるのも良い方法です。私は10年ほど前より【ヨガ】を続けていますが、身体は快調で柔らかさを保てていると実感できています。

もう1つ【ヨガ】の良いところは、身体を動かすことによって内臓にもアプローチして良い影響をもたらすところです。専門家ではないので詳しいことは控えますが、おそらく血行が良くなったりするのではないでしょうか。頭で考えるよりも実感して頂ける方が早いと思います。

歌も踊りも野球もヨガも全てに共通しますが、やはり続けることにより上達して、それに相応する身体を維持していけます。ぜひ10年・20年の間で継続していけるものがあれば人生も豊かになるのではないでしょうか。