車選びで考える力を伸ばす!

皆さーん!お元気ですか!!

Dakuはとーっても元気ですよ!

最近、仕事や旅行や家庭のことなど本当に決め事が多くて多忙な毎日をおくっています。

そんな決め事の1つに車選びがありました。

私の今のっている車はワゴン車ですが、なんと24万キロに達してしまいました。(笑)

まだまだ乗れると思っているのですが、家族から安全性に不安があるとのことで買い替えを余儀なくされてしまいました。

でも車選びって意外と難しいですよね?

車雑誌みてもたくさん車はあるし、ディーラーに行っても売りたい車を勧めてくるし、中古車は不安だったりなど判断しないといけないことは山ほどあります。

そんなDakuの10年ぶりのこだわり車選びについて今回は書きます。

1、オススメにまどわされてはいけない!

営業マン 「この車は他社と違ってとーっても速いですよ!ターボがついてますからね!!」

Dakuが気になっている新車のミニバンを見にいったとき勧められた言葉です。

心の中で思ったのが、いったいどれくらい速いのかということでした。

Dakuは理系出身なのでかなり数字にうるさいのです。(笑)

何と比べて時速何kmほど速いのかということを検証した結果がないと信じません。

実際にターボがついているのは1500ccの車で他社のミニバンは2000ccのエンジンでした。

2000ccの車より1500ccのターボつきの方が速いのか?

じゃあ何のための排気量なのか??

このような時に検証した結果がないと相手の「速いですよ!」という言葉は信じることができないはずです!

2、データをよみこむ!

相手の言葉にまどわされないようにする秘訣はデータをよみこむことです!

車選びであればカタログをよみこむことが大切です。

特に最後の方のページのスペック一覧が参考になります。

各グレードの主要装備やエンジンやブレーキの違いなど細かく比較表にされて掲載されています。

今はインターネットで簡単に調べものができるため、例えばブレーキの違いでディスクやドラムの違いなどすぐに調べることができます。

こうやって必要な装備を比較表にまるをつけていくことで、自分のほしい車種や車体などが明確になってきます。

3、自分に必要な車を想像しよう!

車は自分が運転するものであって、必ず自分に合った環境を選択する必要があります。

人数が多い家庭であれば小さい車よりも大きい車の方が良いし、遠出するのであれば高速走行に安定した車の方が良いはずです。

Dakuは自分の条件を書き出してみて、それに当てはまる新車を探したのですが、見当たらなかったため今回はできるだけ多く当てはまる中古車を選択しました。

文末にDakuの今回ほしい車の条件を記載してみましたので参考にしてみて下さい。

自分の必要な装備を考えていくことによって、ほしい車もしぼられてくるはずです。

【Dakuの今回の車選びの条件】

  1. ミニバン…家族構成のため
  2. 7人乗り…二列目をキャプテンシート(独立)にしたいため
  3. アナログ速度メーター…針で速度を見れる視認性のため
  4. ガソリン車…渋滞も少なくハイブリットが必要ないため
  5. 6速オートマ…CVTよりもマニュアル感があるため
  6. マニュアル様の変換機能…オートマでもマニュアル感を楽しみたいため
  7. リアのガラスが1枚であること…バックミラーの視認性向上のため
  8. 純正アルミタイヤ…車に適合したアルミタイヤであるため
  9. フロントガラスのヒーター…雪を溶かすため
  10. サイドミラーの水滴防止…視認性の向上
  11. フォグランプ…雪や雨の他車からの視認性向上のため
  12. 本皮のハンドル…長時間のグリップでも疲れづらい