40才からの身体の作り方は?

10代、20代の身体能力について求めずに、40代からの身体がどうしたら負担なく生活できるかを考えることです。年齢に応じて身体自体が楽と感じる体重や筋肉量は異なります。年齢を重ねるごとに筋肉量は減ってきますし、10代の頃の様に筋肉をつけようと思ってもなかなか筋肉量は増えません。どうしても筋肉をつけたいという方は別として、負担のない生活を送りたいという方は無理をしないことではないでしょうか。

私は今年で38才になります。40才近くになると身体も変化してきます。特に10代、20代の頃と比べると筋力的には減少してきます。しかし以前の記事でも書かせて頂いた通り年齢を重ねてきてからの身体能力の向上も見込めます。中でも筋力が減少してきてからのパフォーマンスはとても良い傾向だと思います。

例をあげさせて頂きますと、私は10代の頃は90kg近くありました。体脂肪のパーセンテージは1桁でいわゆる筋肉質の体系でした。この頃は瞬発力こそ見事なものでしたが、持久的な筋力は劣っており持久走は常に後ろから数えた方が早い順位でした。

それが今では63kgまで減少しています。体脂肪のパーセンテージは相変わらず1桁ですが、筋肉量は減少している状態です。以前の瞬発力は発揮できませんが、山登りなどの持久的な趣味は苦痛なくとても楽しく行えています。

90kgの身体を動かすのと60kgの身体を動かすのとでは身軽さが異なりました。やはり60kgの身体を動かす方が簡単に感じます。それと90kgの身体を維持するには、その分の食物を摂取しなければいけません。すると胃や腸といった消化器にも負担をかけることになってしまいます。年齢を重ねると脂たっぷりの焼肉のカルビが食べられなくなったという人もいますが、消化器も負担をかけられるのを拒んでいるようです。その身体の声に耳を傾けることができれば、自分に不要な食物を摂取することを避けることができます。これらが年齢を重ねたときの身体のメリットともいえます。

10代、20代の頃の身体を維持するより40才前後の理想の身体を手に入れることができればよいです。上記をふまえて以下に私の思う40才からの理想の身体能力を書かせて頂きます。

  1. 持久的な身体
  2. 柔軟な身体
  3. 身軽な身体

持久的な身体は、今後の人生を送るための基礎体力になります。柔軟な身体は放っておいて硬くなってしまう身体を柔らかく保ってくれます。そして身軽な身体は全体的な負担を軽くしてくれます。私は現在は、武道の道場を3つかけもちしています。1日の稽古の中で何百回も投げられて受け身をとり、相手に向かっていけばおのずとこの3つはクリアできます。

私が現在で身体の負担を減らすために感じていることは以上になります。身体が何となく調子悪いというときに、どうしたらよくなるかをその都度で考えて調整しています。自分の身体と意思疎通することで改善が見込めます。

コミュニケーションって大切ですね!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。