物事が思うように手につかない時に有効な方法は?

とりあえずやってみることが有効かと思います。物事が手につかない時は、頭の中で考え過ぎてしまっていることが多いです。そのためまず進めてみることも大切です。考える前にやってみて、そしてやりながら考えると良いです。

どの様に対応するか考えている時に時間だけが過ぎてしまって何も進んでいないことがあります。完璧に計画を立ててから実行することももちろん大切です。しかしそれを理由にしてしまって何も行わないことがあります。

最近の記事ですと転職の話題があります。転職は自分の人生にとってとても大きな決断となります。今後の人生を考えて計画を立てることが必要です。しかし計画倒れという言葉もあります。いざ計画してみると転職困難なことがわかってくることがあります。計画の段階で難しいと感じてしまうとせっかく思い立ったけど、リスクやタイミングの不一致により転職をあきらめてしまうこともあります。

だから考える前にまずやってみることも大切ではないでしょうか。例えば転職を考えたらまず転職サイトに登録します。そして転職エージェントの方から連絡を受けて面会してある程度の自分の要望や条件を交渉します。するとエージェントの方から条件に合った転職先を提示してもらえます。そこで要望に合う転職先の提示があればよいのですが、ないこともあります。そこで初めて問題に対して考えるということをします。

考える前に行動した後は、行動しながら考えるということも大事です。例えば車の運転でいうと、目的地まで毎回停車しながら行き方を検討するでしょうか。車の運転では、運転しながら考えています。それと同じで転職の話ではエージェントの方と会いながら考えていきます。1度の面会で全てが決まるわけではありません。何度か会ううちに条件に合わない問題点を考えながら自分の理想の仕事を探していきます。

今回は転職の話を例に書かせて頂きましたが、【考える前に行動し、行動しながら考える】ということはあらゆるところに応用がききます。日々の仕事においてもビジネスプランに役立ちますし、プライベートにおいても好きな人にアプローチできないでいるときにも思い切って声をかけるぐらいはできます。

もちろん計画を綿密に練ってから行動することも重要です。考える前に行動し、行動しながら考える】ということは1つの手段であるため、今までのやり方では思うようにいかない時にぜひ検討してみると良いです。失敗すると思い込んでことが進まない時は、思い切って飛び込むことも物事を進めるよい手段であります。そして失敗しないように行動しながら考えることも大切です。そのためには関係するできるだけあらゆるものにアンテナをはりコミュニケーションをとりながら情報を収集して活用することです。ここでは情報の収集や活用についてはかきませんが、考える際には必要なことです。

コミュニケーションって大切ですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。