プールは腰痛を緩和する

以前に湿布を使わない腰痛ケアという記事を書かせて頂きましたが、予想以上に反響があったため補足記事を今回は書きます。

私のオススメする腰痛ケアは、痛みをごまかすシップ薬や腰痛ベルトを使わないケアです。

そうしないと痛みの原因はなくならないので、いつまでたっても痛みは継続し、ひどくなるとさらに負担をかけてしまい骨などに深刻な影響を与えてしまいます。

私は以前に、30kg×60の荷物の運搬をして腰を痛めたというお話をさせて頂きました。

痛みは一日中つづいて起きているときも、座っているときも、寝ているときも落ち着けるときはありませんでした。

もうこんな生活が嫌だと思っていたそのとき、ひらめいたのです!(笑)

起きているときも、座っているときも、寝ているときも痛みがあるのであれば、宇宙にいけば重力から解放されて腰痛がなくなるのではと考えました。

しかし宇宙へはなかなかいくことはできません…。(悲)

そこで代替案として、無重力ではなくて、水の浮力を活用することにしました。

浮力は水の圧力によってモノを浮かす力のようなものです。

善は急げと思いさっそく温水プールにでかけたところ、なんと水中では腰痛が緩和されたことにたいへん驚きました。

そしてそのスキに腰痛のために普段動かせない肩や首もストレッチして2時間くらい水中で過ごしました。

水中からプールサイドに出るとよくわかるのですが、浮力によって重力を軽減できている間は腰痛は緩和されますが、プールサイドでは腰痛の症状が出てきます。

それだけ重力って強いということですね。

でも一日中、腰痛に悩んでいた私にとっては水中にいる2時間は至福の時間でした。

いつも腰痛に悩まされている方は、水中で腰痛症状の緩和を試してみてはいかがでしょうか?